会社概要
ホーム > 会社概要 > 営業内容
義肢製作部門義肢製作部門

最近の義肢は技術革新が進み、高機能な義手や義足が開発されています。義肢部品は、コンピューター制御や油圧、空圧制御の膝継手や種々の高機能な足継手が多く開発されており、切断者のニーズに合わせて最適な部品を使用しています。またソケットではIRCやTSBソケット、シリコーンナイナー等の新技術が導入されています。当社ではこれらの最新の技術を取り入れて、切断者の方に最適な義肢の製作を行っています。


装具製作部門装具製作部門

病気や怪我による機能障害を補う為に用いられる治療用装具や更生用装具は、主に病院で処方されます。最近では早期離床・早期リハビリの流れを受けて、装具は短期間で製作し装着することが必要です。また治療に際しては装具の種類や機能も様々な装具が要求されており、当社でも目的に応じたデザインや構造の装具を開発し製作しています。


靴製作部門靴製作部門

足と靴は大きな関係を持ちます。足に変形や障害がある場合は市販の靴では対応できないので、オーダーメイドで足に合った靴を製作する必要があります。靴の知識を持つ専門技術者が足に合う靴のデザインを決め、採寸、採型、製作を行い満足のいく靴を製作しております。


コルセット部門

体幹装具には様々なタイプがありますが、中でも腰仙椎装具である軟性コルセットは多く処方されます。治療の目的に合わせて、硬性から軟性まで種々のタイプを製作しております。


福祉用具部門

日常生活を送るための歩行器、杖、車椅子、ベッド、その他介護用品を各種取り揃えております。


居宅介護支援事業

介護サービスを利用するときの相談窓口です。ケアマネージャーが、介護サービス計画(ケアプラン)を作成し、サービス提供機関と連絡、調整を行います。

福祉用具貸与、介護予防福祉用具貸与事業

福祉用具貸与とは、日常生活に支障がある要介護者・要支援者などの方々が、自立した日常生活を営むことができるよう利用者の状況や希望に応じて、福祉用具を貸し出すサービスです。

【介護保険適用対象となる福祉用具】

要介護2~5の場合
①車椅子     ②車椅子付属品  ③特殊寝台  ④特殊寝台付属品
⑤床ずれ防止用具 ⑥体位変換器   ⑦手すり   ⑧スロープ
⑨歩行器     ⑩歩行補助杖   ⑪認知症老人徘徊感知器  ⑫移動用リフト

要支援1、2の場合
①手すり  ②スロープ  ③歩行器  ④歩行補助杖

特定福祉用具販売、特定介護予防福祉用具販売事業

特定福祉用具販売とは、日常生活に支障がある要介護者・要支援者などの方々が、自立した日常生活を営むことができるよう利用者の状況や希望に応じて、福祉用具を販売するサービスです。

【介護保険適用対象となる福祉用具】

①腰掛便座  ②特殊尿器  ③入浴補助用具  ④簡易浴槽  ⑤移動用リフトのつり具の部分



このページの先頭へ

COPYRIGHT © 2010 TOKUDAGISHI ALL RIGHTS RESERVED.